携帯電話と子供

参観会がありました。

授業は道徳でテーマは「携帯電話とどのように付き合うか」でした。

子供たちはそれぞれの班に分かれ、携帯電話を持つ際に注意しなければならないことを話し合って発表していました。

携帯電話について話し合うなんて、、。

自分が子供の頃には考えられないです。テクノロジーは日進月歩でこれから先も一昔前では想像もできないような世界がやってくるのかもしれません。

それで今の親世代にとって悩みどころはネット社会と子供でしょう。

今ではネットを気軽に持ち運びができる時代。

その媒介ツールとなるのが、携帯電話であったり、3DSなどのゲーム機であったりするわけです。

参観会では、スマフォやゲーム機などで、インターネット利用による有害サイトへのアクセスや不当請求、いじめが多発している現在、どのようにして子供を守っていくか、懇談会の前に親向け講習会も開かれました。

我が家ではまだ子供に携帯電話を持たせてはいませんが、ちょくちょく、主人や私のスマートフォンを使って検索しています。

時には学習用、時にはアプリ、時には音楽など使い勝手がよく、検索幅の広いネットほど便利なものはないですよね。

これは大人も同じです。

インターネットを利用するとどんな問題が発生するのでしょうか。

「警察」においては

  • 援助交際
  • 性犯罪被害
  • 犯行予告

「学校」においては

  • いじめ
  • 誹謗中傷
  • 学力低下

「消費」においては

  • 詐欺
  • 架空請求
  • ネットショッピング

「家庭」においては

  • 生活の乱れ
  • ネット依存

自制心や判断力の未熟な子供には親がしっかり見守っていないと恐ろしいことになりそうです。

 

でも携帯電話は便利なもので、大きくなるにつれて持たせない選択をいつまでも続けていられません。

ではどうすればよいのでしょう。

まずは「フィルタリング」

これは子供に好ましくないサイトを見られなくするサービスを活用する。

フィルタリングの種類には

  • ホワイトリスト方式:子供にとって有益なサイトのみアクセスできる。
  • ブラックリスト方式:有害なサイト(アダルト、自殺、薬物等)にはアクセスできないが、現在被害が増えているサイト(プロフ、コミュニティー、占い等)にはアクセスできる。

ブラックリストはグレーゾーンのサイトをブロックできないため、被害に遭う子供が増えているそうです。

フィルタリングをすれば100%防げるというものではないですが、やらないよりはやっていた方が良いということでした。

契約時にフィルタリングは欠かせないなと私は思いました。

100%でないというのも仕方ないですよね。

では100%に近づけるには、、、

「家庭のルールづくり」

  • 食事中、勉強中は使用しない
  • 悪口は書かない
  • 自室に持ち込まない
  • 利用時間、金額の設定など

家庭ごとに異なるとは思いますが、なんにせよ、携帯を持たせる時に約束を守ることを条件として持たせることが大切だと先生が言ってました。

持たせた後に、約束事を増やしていっては子供も嫌がり、この時期の子供ですから反抗してつい、、、なんてこともないとは言えません。

家では小学生のうちは必要ないだろうと思っているので持たせてはいませんが、その時がきたら注意しなくてはなあと思いました。

さて、子供たちの班ごとの発表の中で

「嫌なメールがきたら、決して相手にしない」

と発表をしていた班がありました。

嫌なものにはふたをしろ

もっともなご意見ですが、ストーカーなどの被害では証拠になるものでもあり、すぐに消してしまうことはよくありません。

子供はまず親に相談してほしいとは思いますが、すぐに消すのも待ったをかけたいところです。

今度娘のお友達がきたら、説明しようかなと思ってます。

おせっかいおばちゃんみたいに。

中学受験 親の悩み相談・子供に贈りたい言葉
プロ家庭教師が教える戦略的中学受験
中学受験 成績急上昇支援教材
中学受験プロ家庭教師T.Uemuraの偏差値大逆転指導法
中学生高校受験 成績急上昇支援教材

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ