計算防止術DVDまとめ

このようなことで困っていませんか?

計算防止術DVD対象生徒

中学受験は 算数が中心と言われますが・・・

算数安定的高得点

ここから下は、算数に問題を感じられている方だけお読みください。お役に立てるヒントが見つけ出せるはずです。

中学受験算数、同じ時期にはじめたのになぜ差がつくか

算数は、どのように成長していくのか?

算数の成長過程は次のように考えられる

中学受験算数の成長過程

中学受験算数、同じ授業を聴いても結果が違う。

テストの失点原因を見つめてみよう!

中学受験 算数の失点の原因分析

自分の失敗の原因を把握することは、すごく重要な作業です。

中学受験算数 できない根本原因がわかっていない人が多い

計算ミスが意外に多くないですか?捨て問題を除いたら、かなり比率は高いはず

中学受験算数の計算ミス取れたら大きい

でも、入試は書面評価。

中学受験 算数で計算ミスればできないと同じ

計算ミスを舐めるな!それだけで終わるぞ!

中学受験算数の計算ミスは恐ろしい

 受験では、合格ボーダーラーンより1点でも多く取れば合格となります。
 そのためには、ライバル(ここではその学校の受験生全体ではなく、合格ライン前後の合格候補者群)もとる問題は確実に自分も取ることが必須条件です。
 もし計算ミスによりライバルが取れる問題を落としたとなると、それは非常に厳しいことです。なぜなら、そのミスを取り返すために、ライバルが取れない問題を自分が取らなくてはならないからです。つまりライバルが取れない難問を1問取らなくてはいけないのです。
 結局難しい問題を解ける者よりも、つまらないミスをしない者が安定していて、一番強いのです。

中学受験算数の計算ミスは1問でもいけない

失っているものは、それだけではないぞ!

算数試験の時間不足も計算が原因。


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


計算は馬鹿にされる。

合理的な努力をした者が勝つ。


で、計算は大丈夫と言いつつ、次の試験受けたら・・・

算数の計算ができないのはなぜ

算数がダメな受験生のパターン

結局のところ……

あなたの計算、中学入試の戦力ならず

厳しいこというけど……

算数の弱いものは計算力も弱い。

ま、ゆっくりやれば とりあえず解けるからね。自覚のない受験生は多い。知らぬが仏ということ。

ダメなヤツは計算ゆっくり

計算に対する意識が違うんだよね。……できる生徒とできない生徒では

中学受験の計算は工夫が必要

計算をナメてる、算数ダメ受験生にまず伝えたいこと

計算は論理だ。

計算は素早くやる必要がある


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


セルフィン式計算ミス防止術のメリット

中学受験算数計算ミス防止術のメリット1 失点がそっくり得点に

計算ミスにより失ったはずの点数が、得点に変わります。

中学受験 算数で計算ミスればできないと同じ

入試は書面評価なので当然です。問題はそれを放置するか、対策をとるか。

中学受験算数 計算力不足で最終的には大差

わかった問題を確実に取りきってこそ、本物の実力!

計算が算数に及ぼす影響力1 試験中

 継続的にテストの分析すると分かることですが、多くの受験生に、冒頭の計算問題がやられているときは 他の分野の問題も全体的に間違いが多く 、逆に計算問題が全部取れているときは、比較的他の問題も正解が多い傾向が見られます。
 計算問題が間違えたけれども、それ以外の問題はほとんどできて、成績(偏差値)も良かったという例はまず見ません
 つまり、その試験試験ごとの計算のコンディションの安定が、計算問題以外の他の分野や他の能力の成否にも影響していくように考えられます。

34.ミスがなければ得点安定


中学受験算数計算ミス防止術のメリット2.計算時間短縮で考える時間増え、得点力アップ

考える時間が増えれば、当然手を広げられる問題が多くなります。

中学受験 算数の入試では計算の時間が一番長い。

頭で考える時間より、計算に費やす時間の方が通常長いもの。これを逆の比率にしたい!

算数の計算速い=時間増える


中学受験算数計算ミス防止術のメリット3、算数の解法に確信がもて効率的にマスターできる

計算の出来不出来が、算数の理解にまで影響する…

計算が安定化したら算数の理論に確信持てる

学んだら、ささっと計算して確認したい。正しいとわかればすぐ次の段階に行けるが、ここがスムーズでないと習得に時間がかかる。解法理解の大差は、それが積もったもの。

計算が算数に及ぼす影響力2 学習時


中学受験算数計算ミス防止術のメリット4、正解多くなってやる気が出て好循環になる

多くの子供は原因云々よりも、まず間違えたという事実に衝撃を受ける。特にできない子にとって、とりあえず正解が増えるというのは大きなこと。こうした小さな成功体験が、やがて見違える変化につながっていく!

中学受験計算ストレスで算数嫌い。負のスパイラル

結局、自分の力で正解を取らなくては算数は面白くならないのです。それを阻害している要因が、計算力かもしれません。


中学受験算数計算ミス防止術のメリット5 算数の難問を単純化簡易化できる

実はこれメリット1にしたいほど凄く大きいのです。弊社専属家庭教師及び「道具と戦略の算数講座」の秘密のひとつが、計算をうまく処理できるようにして、そのかわり大幅に解法理解の難解さを減らし、頭の負担を非常に軽くする指導法を採用していることです。


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


算数改善の最優先課題をどう解決していくか

計算は算数全ての基本

難問1問手を広げるより、その時間を使って 「入試対応型の計算学習」をした方が算数全体に影響が広がり、入試では合格の助けになるのではないでしょうか。

中学受験、算数の成績・偏差値の差は計算力の差

結局、実践的計算力のなさは得点を阻害する要因にも理解を阻害する要因にもなるのです。逆に計算が戦力にならないうちは、努力の割にはなかなか算数の劇的向上につながらないかもしれません。

計算力が入試で戦力になるには正確さとスピードが必要

計算はなんとかできるではダメなのです。ノーミスが普通という精度でかつスピーディに結果を出す計算力があって初めて、「入試の戦力」となります。

入試のおける実践を意識した、戦力としての計算力を磨きましょう!

セルフィン式計算術の特徴及び当教材の概要

セルフィン計算ミス防止術は、計算の正確性とスピードの両方同時改善。計算の初歩も教える

 精度速度。一見この背反する要素を、同時に鍛えていきます。
 しかしその前提として、四則計算や筆算など普通の計算技術を身に着けていないとお話になりません。しかしこういった基礎計算技術は、塾で手取り足取り教えられることは少なく、学校頼みに近いもの。意外に、ちゃんと学ぶ機会に恵まれなくきた受験生も少なくありません。
セルフィン計算ミス防止術は、計算の正確性とスピードの両方同時改善。計算の初歩も教える
 そのような、計算の基礎の基礎から学び直したい受験生のための「計算の初歩」をまとめて講義する授業動画が、当教材にはセットされています。計算の初歩から自信のない生徒様でも安心して学んでいただけます。

計算の精度をどうやって高めていくか

15.3つの根幹

正確な計算の3条件

 当計算ミス防止術は、① 事前の問題観察  ② 計算の実行時  ③ 計算後のミス発見 の3つの局面からミス防止術を施し、高速かつノーミスを目指します。
 たとえば計算問題に対峙したとき、いきなり計算を始めるのではなく、まずは相手(問題)を理解し、ミスへの誘導を見破り対処法を選択する必要があります。
 そして確実に漏れのないように、またムダな手続きのないように計算を実行します。
 それから、それでもミスをしてしまった場合に、ミス発見術で自力でミスを発見し、修正します。いわば受験上計算のプロを目指す感覚です。
 しかも、難しい技術はまったくなく、算数偏差値30台40台でもマスターできた方法です。
頭を使って勉強するということがどういうことか、理解できる教材です。

こうすれば精度を高めながら、スピードアップも図れる!

中学受験 計算は確信が持てれば迷いがなくなる

 当計算ミス防止術を習得すれば、まず絶対的な指針をもって計算に当たれるようになり、計算に自信がついてきます。今まで試験中迷いを持ちながら計算をしてきた生徒にとっては、その迷っていた時間が削除されますので スピードアップが図れます。

中学受験 計算はムダを省いた計算手順や工夫を身につければ速くなる

 当計算ミス防止術には、ムダを徹底的に排除した秘伝のテクニックや工夫を多数収録しています。これを身につければ、大幅なスピードアップが図れ、ストレート計算の最短コースを進むことができます。

中学受験 算数の計算。正確さと速さの両立を可能にする方法。計算結果の暗記

 最も早く正確な答えを出す手段としては、よく出る計算結果に関しては暗記することです。いわば掛け算九九の範囲を受験仕様に拡げるわけです。これにより、該当する計算を解く際は電光石火のように計算ができます。
 また、直接該当する計算が問われなくても、それを応用して素早く正確な計算をする活用法も教えます。例えばこんな感じです。

複雑な計算を簡単に

 さらに日本人は、掛け算九九をベースに数的能力が構築されていくところがあるので、これを拡げればさらに速く高い数的段階に進むことができるでしょう。若い時期にこの能力を高めることは、お子様の将来に非常に有益なことです。
 しかしこの有効性がわかっていても、無味乾燥な数字の暗記は簡単ではありません。そこで弊社独自の教材システムである加速視聴記憶システムを活用し、脳プレス計算結果暗記編を開発しました。これにより楽しく暗記していただきながら、こうした仕組みを構築することが可能です。


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


計算ミス防止術 授業試聴

では、ここで中身を一部お見せしましょう! (無料視聴) 

 ところでこの世に無数に教材が販売されていますが、購入前に体験ができる教材ってどれほどあるでしょうか?
 本を著している先生だ!テレビにも出ている!大手進学塾で教鞭をとられていた元人気講師だ!言葉であおってイメージさせ、実際に授業を聴いてみたらガッカリという話は実際によく聞くものです。

 弊社ではお客様との信頼関係を築くためにも、あえて無料で体験できる仕組みを用意しております。上記のような、イメージ先行で購入してしまうお客様のリスクを回避するためです。
 また実績に裏付けられた私共の自信の現れとご理解いただけたら幸いです。

プロは、計算ミスをこのように区分して対策を考えます

 当教材の中では、前半の序論に近い内容です。いわば、当計算ミス防止術のなかでは、基本の基本にあたります。
 計算ミスは、計算をする局面に応じて2種類に分類することができます。少ない指導時間でなるべく結果を出すために、計算ミスをまずはこのように分類して対策を考えました。
 具体的な対策は本編に任せますが、局面に応じてどのような計算ミスに注意するべきかお伝えしています。

掛け算の筆算は、どちらを上にするかで大幅にミス頻度を回避することができます。

 この教材の中では、いろいろ教えている中での個別的テクニックの一例にあたります。
 入試で必ず出てくる3.14のかけ算筆算。特に深く考えることもなく成り行きで計算しているのではないでしょうか?
 この3.14の掛け算筆算、実は3.14を上にするか 下にするかで、大幅にミスの頻度が変わってきます。どちらも同じと思って、区別なく使ってきた受験生は、この動画を見て今日から改めるだけでミスの頻度が変わってきますよ!
 この章「かけ算の筆算を効率的にやる裏技」には、これ以外に2つ、合計3つのテクニックを教えています。

入試によく出る計算結果は、「脳プレス」で暗記!

 入試に使われる数値は、研究してみると意外なほど同じような計算が頻出します。
 例えば10台整数のかけ算10台同士の二乗3.14のかけ算1からある整数までの合計など、何十回も目にするのではないでしょうか?でも多くの生徒はその度に計算をしますので、間違いリスク時間負担が生じてしまいます。
 「このようなものを暗記してしまえば、ものすごく有力な武器になる!」ということはわかっていました。しかし、無味乾燥な知識だけに、実際これまでなかなか暗記ができないものでもありました。
 そこで、当教材に含まれている脳プレス計算結果記憶編がそのサポートをします。
 

重要な10台の二乗の計算の答えは、脳プレスとストーリー記憶術で二重に記憶

 もう一つ感じてほしいことがあります!

 それは動画教材のメリットです。
 こういう技術的な内容を講師を介して学ぶとなると、あなたは説明1回でマスターすることが前提になります。
 でもそれは現実無理なことではないでしょうか。どんなに役立つ良い話であっても、1回聴いただけで聞き漏らさずマスターすることは到底無理なことでしょう。ましてや、それが現在結果が出ていない受験生であれば、なおさらです。
 しかし講師に同じ内容を、何度も何度も繰り返してもらうことは、難しいことです。これが家庭教師であっても、簡単なことではありません。
 ですが、このような動画映像のシステムであれば、何度も聴きなおしができます。内容も大事ですが、この利点も噛みしめながら視聴してみてください。知識の学習ではなく技術ものの指導であるからこそ、ここは大きなメリットだと思うのです。
 あえて私が家庭教師に指導して派遣する方法をやめて、自由に聞き直しができる私自身の映像授業の提供に踏み切った理由がご理解いただけるかと存じます。

体験視聴をされ、さらに授業を聴いてみたいという方だけこの先はお読みください。

中学受験算数。プロから計算術を学んで結果を出せ。

なぜ受験勉強をするのか? 目的をもう一回見つめてみよう!

中学受験の努力は受かるためにやっている。


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


受験計算ミス防止術DVDの収録内容 (一部)

  • 計算ミスをしたとき、どのように反省したらよいか。
  • 算数や数学の試験で重要なこと。
  • 計算ミスの発生する局面と意識すること。
  • 計算ミスを防止するための当たり前の習慣。
  • 四則計算でミスをしないコツ。
  • 筆算でのミス防止3ポイント。
  • 計算問題の解答手順。
  • できる限り時間を失わずに検算する方法。
  • 一般問題の計算ミスをなくす方法。
  • 小数の計算。小数のまま計算するときと分数化するときの判断
  • 余白の使い方。
  • 2けたかける2けたを簡単に計算する方法。
  • たし算を効率的にやる方法。
  • かけ算を効率的にやる方法。
  • 円周率πの式の計算を効率的にやる方法。
  • 効率的な通分のテクニック。
  • 字が汚い人のためのチェックポイント。
  • 暗記を使った計算術。
  • 計算ミスしやすいパターン問題。
  • など。

当サイトご購入者様限定の特典!

特典1 スピード習得に役立つオリジナルPDF問題集プレゼント!

本直販サイトを通してご注文いただいた方には、当教材授業のテクニックマスターをサポートするために作成された、122ページに渡るPDF問題集資料を差し上げます。
 授業で使われる例題の問題集ミス防止術テクニックのポイント資料脳プレスの暗記シートで構成され、プリントアウトによって、教材マスターのための問題プリントとなります。
 確実に結果を出すための補助教材として、ご活用下さい。 
 

無料試聴動画のサンプル資料

授業動画

中学受験算数。計算PDF問題集 無料プレゼント。

このように穴埋めになっているので、重要なポイントを確認しながら授業を聴けますし、学んだことをテストすることが可能です。

脳プレス

中学受験算数。計算脳プレス 暗記用PDF問題集 無料プレゼント。

これによって、さらなる記憶定着が図れます!
3知覚フル活用
記憶システムの仕組み書く除‐画無
だったのがこうなります。

4知覚フル活用
記憶システムの仕組み書く加‐画有

しかも、PDFデータだから

同じぺージをプリンターで出力して何度も練習が可能!
書籍や紙の教材だと、一度練習してしまうと同じページを繰り返し練習することができません。
DVDとタイアップして繰り返し学習することにより、確固たる知識の核をつくり上げることが可能です。

記述暗記33%アップ

白 区切り用

特典2 計算結果記憶CD(非売品)プレゼント!

中学受験算数。計算結果記憶CD 無料プレゼント。

計算結果記憶CDとは、弊社独自のメンタルトレーニングに、頻出の計算結果の読み上げを組み合わせた音声教材です。脳波を学習に最適といわれる状態に導いたうえで、頻出の計算結果を暗記することができます。(非売品)。

特典3 全国どこでも送料無料!

メール便よりも早く配送されるレターパック360やスマートレターなどで配送の予定です。この送料につきましては現在無料とさせていただきます。

特典4 超お得なセット価格を用意しました!

当サイトだけの価格です。ご注文ページからご確認ください。予告なく値上げする場合がありますが、ご了承くださいませ。

白 区切り用

白 区切り用
使ってみないか?

6 絶対後悔


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


このように勉強すれば、算数はぐんぐん伸びる!

算数脳構築システム

34.ミスがなければ得点安定


価格表・ご注文はこちら

下記からお選び下さい。

Valid XHTML 1.0 Transitional
クレジットカードロゴ

Valid XHTML 1.0 Transitional


このような教材もご好評いただいています!( 画像をクリック! )

ケアレスミス防止術アイキャッチ


国語記号化長文読解術


道具と戦略の算数ビデオ動画通信添削講座


授業&脳プレス縦書き速読&国語文法アイキャッチ

社会理科高速記憶DVD 脳プレスご案内ページ




Pocket

ページの先頭へ