学べば学ぶほど…

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、
気づけば気づくほどまた学びたくなる。
アインシュタイン

解釈例

何かを一つ学ぶというのは、今まで知らなかった事を一つ知るという事。たくさん学べばそれだけ知らない事が多かったと気付くのです。そして知らない事が多ければ多いほど、もっと知りたいと学び、学ぶことによってまた新たに知らない事を発見します。

勉強を頭に詰め込むだけではなく、知らなかった事を知っていく喜びを感じていけば、きっと学ぶという行為は楽しいものとなるでしょう。

名言の活用例

毎日毎日勉強ばかり。それって本当に意味のある事なの?と疑問に思ってしまう子供。そんな子供に学ぶということの楽しさと意味を教えてあげましょう。例えばこんな風に…

子供「勉強しても勉強しても覚える事ばっかり。ぜんぜん楽しくないよ!」

貴方「そう?学ぶということはそれだけではなく、他にも気付かせてくれることがあるのよ?」

子供「どういう意味?」

貴方「例えば今あなたは邪馬台国の女王の名前が卑弥呼だって知ったわよね」

子供「うん」

貴方「その他にも知った事があるの」

子供「え?なになに??」

貴方「それはあなたが邪馬台国の女王が卑弥呼だって、今まで知らなかったっていう事実。知らなかったって事に気付いたの」

子供「そっかぁ」

貴方「学ぶというのは、知ることと、知らなかった事に気付く事。この2つの意味があるのね」

子供「へぇ~~!」

貴方「いっぱい勉強して色々学ぶと、もっともっと知らなかった!って事に気付いていくわ。もっと知らない事を知りたいと思わない?」

子供「うん!知らない事をもっと知りたい!」

貴方「それが学ぶということ。学ぶのって楽しいでしょ?」

出典の解説

アインシュタイン 1879年3月14日 – 1955年4月18日

アルベルト・アインシュタインはドイツ生まれのユダヤ人。5歳の時に父親からもらった方位磁石が、自然界の仕組みに対する興味を持つきっかけとなったと言われている。理論物理学者である彼は20世紀最大の物理学者、物理学者の父と呼ばれる。特殊相対性理論、一般相対性理論を筆頭に、宇宙理論や光量子仮説など様々な理論を提唱した。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年にノーベル物理学賞を受賞。唯一不変のものは光速度のみであるという相対性理論は、現在も物理学の基礎となっている。(この説を崩す研究も多数行われているが現時点では崩されてはいない)天才の代名詞として引き合いに出されたり、イスラエルのリラ紙幣に肖像が使用されたりと、彼の名前を見聞きする機会は現在もまだ多い。世界大戦中は反戦を公に掲げ迫害を受けたとの説もある。彼の著作は多数に上り、そのほとんどが世界中で訳され発売されている。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ