勝負は、その勝負の…

勝負は、その勝負の前についている。
升田幸三

解釈例

運やコンディションに左右される勝負以外の勝負で、一体いつ結果が決まっているのでしょうか?それは勝負の前です。勝負する時にはすでに決まっているのです。それはなぜでしょう?

人は勝負に挑む前にその準備や練習をします。運動選手であれば日々の鍛錬。試験などの学問であれば日々の勉強。それらは勝負が始まってから勝ち負けを左右するほどに変化しません。勝ちを得る為には勝負に挑む前に万全の準備をする。その準備があってこそ勝ちを得る事ができるのです。

名言の活用例

大切な試験を控えていながら、勝負は時の運だと言わんばかりに悠然と構え、何も勉強をしない。そんな時ただ勉強しろと言っても心に届かないかもしれません。それならばこの名言を用いて、事前に万全の準備と努力をしたものだけが勝利を得る事ができるのだ、と教えてあげませんか?例えばこんな風に…

子供
試験勉強なんてしても変わんないよ~。受かる時は受かるし、落ちる時は落ちるんだもん

保護者
それじゃ今はどうなるかわからないって事?

子供
うん。だって試験になってみないと良い点が取れるかどうかなんてわかんないでしょ?

保護者
そんな事ないわよ。勝負はその勝負の前についてる、って言葉知ってる?

子供
何それ?知らない~

保護者
勝負っていうのは、例えば試験の時間終了の時とか、答えを全部書いた時に決まるんじゃないの。試験に挑む時にはすでに勝負はついてるのよ

子供
え~?それじゃどうすればいいの?

保護者
試験に限って言うわね。試験が始まってから急に知識が増えたり・・っていう、いわゆる『頭が良く』なったりしないわよね?

子供
うん

保護者
試験に必要な知識っていうのは日々の勉強で身についていくものなの。だから、どうにかなるとか、何をしても変わらないなんてことはなくて、日々ちゃんと努力していれば、試験の前には合格を得る事ができるのよ

子供
それなら私も頑張れば合格できるって事だね!

出典の解説

升田幸三 1918年3月21日 – 1991年4月5日

広島県で4男として生まれた将棋棋士。本名は「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」を通した。実力制第4代名人。14歳の時、日本一の将棋指しを目指して家出をする。家出後は飲食店やクリーニング店などで丁稚奉公をし、木見金治郎八段の門下生となる。ここで終生のライバルとなる後輩の大山康晴と出会う。初段になるまでが長かったが、その後は急速に頭角を現す。将棋史上初の三冠達成の時には「たどり来て、いまだ山麓」という言葉を残す。魅せる将棋を大切にした彼は、定跡を崩す指し方をよく見せ、彼の没後3年には新たな戦法などを打ち出した棋士に贈られる「升田幸三賞」が設けられた。運に左右される勝負を嫌いギャンブルを一切好まなかった事でも知られている。

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ