子供と本

つい最近、お友達のママが
「中学受験することにしたの。」
と話してくれました。
中学受験かあ。もうそんな時期??
少し前で、七五三とか入学とか習い事云々なんて話ていたのに、、。子供の成長って、早すぎるーー!
気がつけば家の子は、中学受験を決めたお友達の子供よりもひとつ大きい6年生女子。3人兄弟の一番上で、数の上でも文字通りの一姫二太郎。

ほったらかしてはいないけれど、正直中学受験を考えたことなんてなかったんです。
でも親ならば、わが子はやっぱり賢くなってもらって、それなりのいいルートを歩んでいってもらいたいというのが本音ですよね。AKBじゃないけどセンターか、そうでなければその近辺にいてほしい的な感情に似た、、、。
でも金銭的事情や、兄弟が多いなどなどで塾に行かせることが難しかったりします。

じゃ、どうしたら人として魅力のある賢い子を育てられるのか
考えていきたいなあと思うのです!

ここで”人として魅力ある”を付け加えたのは、子供たちはこれからまだまだいろいろな障害やハードルを乗り越えていかなくちゃならない。それは、いじめであったり、人間関係であったり、恋も部活もいろいろだけど、それはどれもたった一人では成立しないもの。でも、一人では生きていけないから
ほら、金八先生が「人という字は、、、」って話していたみたいに!
やっぱり勉強とは別に社会とうまく調和していくためのスキルを身につけることは必要かななんて思ってます。
そのスキル習得に必要なことのひとつが「本」だと思っているので、今回の表題はちょっとずれてるけど「子供と本」。

その理由は次回また!

中学受験 親の悩み相談・子供に贈りたい言葉
プロ家庭教師が教える戦略的中学受験
中学受験 成績急上昇支援教材
中学受験プロ家庭教師T.Uemuraの偏差値大逆転指導法
中学生高校受験 成績急上昇支援教材

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ