子供が必要だった物

ちょうど一年前真ん中の息子が入院した。

病名は「動脈瘤良性骨嚢腫(動脈瘤様骨嚢腫)」

少し前から太ももを痛がっていたけど、小学校のマラソン大会も近くて学校でマラソン大会の練習をしていたから、そのための筋肉痛だと思っていた。

これまでも何度か痛がることはあったけど、成長痛だと思っていただけに本当に驚いた。

日曜日に突然歩けなくなり、急きょ日曜診療を探して受診すると

「今日から入院してください。ただうちでは手術ができないから大学病院に行ってください。」

と言われた。

この手のタイプの話はテレビの中の話ばかりだと思っていたら、いきなり身に降りかかってきた現実に頭の中が真っ白になって、今まで普通に生活してきたことがこれからはできなくなるんだと思うと、パニックになりそうになった。

けれど三児の母である私。他の子供の世話もある。

第一、これから入院する本人が一番つらいのだ。

当時子供は7歳。

これまで長女は初めての子供だから、何から何まで初めてで手をかけ、一番下の子は下の子で個性が強烈で手がかかり、悪戦苦闘していたから、真ん中の息子はほっておかれていたのかもしれない。

自分では全くそのつもりがなかったのだけれども、今から思えばそうだったのだと思う。

真ん中の子は比較的おとなしく、目立つところもない。

秋の参観会で子供の様子を見たとき、手を挙げることなく、洋服の裾をかじったり、きょろきょろ回りを見まわしたりしていた。

自分に自信がないんだろうなと思ったけれど、まだ1年生ではこんなものだろうと思っていた。

運動もさして得意ではないから、体力と自信とつけてほしくて一年前からボーイスカウトに入れていた。ボーイスカウトは親から離れて活動することが多い。

でも親は全くノータッチではなく、親もプログラムに参加して子供の様子を見ることができるが、子供との接触はできるだけ控えてほしいと言われていた。それは甘えたくなってしまう気持ちを抑え、自立を促すためだった。

スカウトのリーダーたちははとても素晴らしい人格者で、任せておけば大丈夫だと思っていた。

でも真ん中の子が必要だったものは違うものだったのだと今でははっきり分かる。

入院してから、手術をするまでは主人と私が交互に病院に泊まった。

入院を宣告された時、その準備のため一旦家に帰宅しまた戻ると、看護婦さんが、「泣いてしまって、テレビをみせてました。」と言っていた。

真ん中の子供の寂しい気持ちが痛いほど分かり、傍にいなくちゃダメだと思った。

その後大学病院から千葉の病院に移動し、順調に手術も済み、当初3か月はかかると言われた入院は1か月で退院することができたが、この間、昼間は私が病院に行き、夜は仕事が終わった後主人が病院に行った。

それ以前まで真ん中の子にこんなにも接し、世話をしていたことは多分なかった。

全くほっておいたわけでは決してなく、頭ではずっと気にかけていたけれど、こんなにも言葉で、態度でそれを表わしたことがなかったと思う。

退院後もしばらくは小学校の送迎をし、月に1回から2回の通院をしていたが、おかげ様ですべて順調に事が進んだ。

そして何より、子供が変わったと思う。

今では子供はとても前向きになっているのを感じる。

参観日には元気よく手を挙げている姿を何度も見たし、何事も「やりたい。」という気持ちを感じる。

いろいろなことに興味をもてるようになっていることも大きな変化だと思う。

真ん中の子は親である私や主人に甘えたかったんだと思う。

自分が愛されている自覚が子供に自信をつけさせたのだ。

これまで本当にごめんね。

私はダメな親だなあと思う反面、まさに今回の出来事は「塞翁が馬」だわ。

とも思ったりして、、、。

11月に入って、8月に足を固定していたボルトの取り除き手術も終わり、傷もよくなったので水泳を始めた。

寒くてプールなんて行きたくない季節に入ってしまってからの開始なので、冷え性の私には送迎が面倒に感じているが、

保護者席で子供の様子を見ていると、いろいろと他のお母さん方のお話が聞こえてくる。

「○○ちゃん連れてここで一時間も待ってるの大変だなあ、でもお兄ちゃんも見ていないと怒るし」

と言っているお母さんがいた。

偉いなあ、と思う。私は下の子は面倒なので6年生の娘とともにお留守番にしてきた。

下がいると本当に大変だもの。そのうえこのお母さんはお兄ちゃんのことも見守っているのだから本当に偉い。

一生懸命に大切にお子さんを育てているのだなあと思った。

世の母はすばらしい!

子育て真っ最中の私は日々反省を繰り返しております。

中学受験 親の悩み相談・子供に贈りたい言葉
プロ家庭教師が教える戦略的中学受験
中学受験 成績急上昇支援教材
中学受験プロ家庭教師T.Uemuraの偏差値大逆転指導法
中学生高校受験 成績急上昇支援教材

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ