中学受験における国語という教科の重要性に気がついているか?

中学受験においては「算数至上主義」的な傾向があります。しかし公平に見て本当にそれが正しいのでしょうか?

k-1.算数だけで良い?

国語の重要性

  • 国語は算数と同じ最高配点
  • 本番では、算数より安定的な戦力…算数は塾の問題と実際の入試問題とでは差があり「本番に限って」アクシデントが起こりやすい。
  • 入試はまず国語で選別される!…国語苦手者は得意者はに対していつも大きなハンディ(得点差)を負う。実質的には、国語の成否でまず合格候補者か不合格決定者かの選別されることになる。

国語は算数と同じ最高配点。

 中学受験というと算数ばかりが注目されますが、国語はその算数と大抵の場合同じ最高配点なのです。理科・社会は配点が少ないことが多いので、国語を得意にすることは一定の総得点を獲得する上で非常に効率的です。逆に国語が弱いということは相当厳しい戦いを強いられることを覚悟したほうが良いと考えられます。

本番では、算数より安定的な戦力

 多くの生徒が圧倒的に力を注ぐ算数という教科は結構塾で教える問題と実際の入試とでは差があることが多く、「本番に限って」ということが起こりやすい教科です。
 それに対して国語は本番でのアクシデントが少なく、できるようになってしまえば算数より安定的な得点力となります。
したがって受験戦略上どんな文章でも対応できる読解力が身につけば、国語は算数よりも、本番では計算できる戦力になりえます!

入試はまず国語で選別される!

 結果として国語不得意者はいくら努力しても思うように点を取れず、逆に得意な者ははじめからボーナスをもらっているような感覚になります。しかも国語は最高配点なだけに、得意者にとってはかなり大きなアドバンテージです。

 逆に不得意者にとってはかなり厳しいハンディになります。つまり得意者と不得意者では、国語でまずどの学校の入試においても安定的に他教科で簡単には埋められない得点差がつくわけです。

 これによって国語だけで合否が決まるとまで言いませんが、現実を直視すると国語の成否でまず合格候補者か不合格決定者かといった「土俵に入るかどうかの立場」が選別される感じがします。中堅校ではここまで言えませんが、上位校入試では『国語がダメなら、多分ダメではないか』といった印象さえ感じます。

算数のできないと国語のできないは違う!

 一概には言えませんが、中学受験の入試本番において、算数のできないと国語のできないは少し違うなと思います。
 算数がもともと不得意でその試験で算数ができなかったとしても、実は受験生全体的にできなくて結果的にはそれほど大きな差がついていないという場合は珍しくありません。他教科の頑張り次第で取り返せるという希望は残ります。
 しかし国語がもともと不得意で本番でもだめだったら、ライバルもだめだったということはあまり考えにくいのが実情です。国語の試験が終わっただけで、ゲームオーバー的な状況に陥ってしまう危険性はあらかじめ意識しておいた方がよいかと思います。

国語記号化読解術講座に戻る