大学受験にも、社会に出てからも強力な武器になる!

k-8.国語は全ての基本

 受験塾に行けばあたかも国語という教科は脇役扱いですが、子供の将来のことを考えれば、国語学習こそ全受験教科の中で最も重要な教科だと考えます。それは以下の3つの大きな力を備えることができるからです。

成績改善の他に得られるもの

  • 学問の習得効率が上がる!…学問のほとんどが、日本語がベース。
  • 読書からより多くの学びを得る!…人生の豊かさは、どれだけ有効な読書ができるかどうか。
  • コミュニケーション能力が高まる!…読解とは、相手を知り望みにあったものを提供すること。

学問の習得効率

 第一の理由は、今後学ぶ学問のほとんどが国語をベースにできていることです。つまりあらゆる学問の学習効率は国語力に大きく依存しているわけです。外国語の学習にしても、国語力がなくては有効な学習ができません。

読書から得る能力の増進

 また人生の豊かさは、どれだけ有効な読書ができるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

 お子様の将来を想像してみてください。

 本の内容を素早く的確につかむ力があれば、多感な子供の人生にどれほど多くの力を与えてくれるでしょう。 読むので精一杯の人と、簡単に理解し余力でその知識を活用にまわせる人とでは当然人生の広がりや深み・楽しさ・仕事力に違いがでることは誰から見ても明らかです。

コミュニケーション能力

 もう一つ重要な事は、長文読解とは結局は相手を知り、汲み取ることであり、それはすなわちコミュニケーションなのです。つまり長文読解力をつけるということは、コミュニケーション能力に直結するわけです。

 人は社会において1人で生きることはできないのですから、この能力を磨くことは子供の将来においてどれほどの助けになるか計り知れません

国語記号化読解術講座に戻る

Pocket