中学受験の半分は占める膨大な範囲

中学受験の出題範囲のうち算数に占める範囲は他教科と比べて突出したものになります。試験科目は算数以外にも国語・理科・社会が含まれることが多いですが、算数だけで半分以上を占めると言っても過言ではありません。

高度な思考力が必要

「たかが算数」となめてかかると大変な目に遭います。中学受験の算数は、小学校で学ぶ算数とは雲泥の違いがあります。たとえ小学校の中で算数が得意であっても、受験算数は簡単には解けないと思います。その難易度は、理系大学を卒業した大人であっても苦戦するほどです。毎年解説書すら理解できないという保護者が続出するのが、中学受験の算数です。

作問のレパートリーは無限

受験算数の厄介なところは、作問のレパートリーが無限にあることです。上位校の算数の問題は創造性豊かで、いくら勉強しても本番では初めて出会うような印象の問題が出題されます。

不振に陥りやすい

算数は範囲が広く高度な思考力が必要なため、塾のカリキュラムも多くの場合前章の完全理解を前提として次章の内容が理解できるようになっています。したがって、少しでもつまずくと雪崩式に不振に陥るケースが珍しくありません。他教科と比べると常に気の抜けない怖い教科でもあります。

本番で失敗しやすい

これだけ苦労して臨む算数ですが、実際の入試問題は塾で積んだ問題とは異なる印象の問題が出題されることが多く、意外と入試本番では塾の成績通り得点力が発揮されないといわれる教科です。「本番に限って失敗した、裏切られた」という声の多い教科の筆頭が、意外にも一番勉強しているはずの算数なのです。

学校側は最も重視する教科

特に男子校もしくは共学の進学校や理系学部を持つ付属校に関しては、算数を重視する傾向にあります。女子でも、トップレベル校では同様です。配点が他教科よりも高かったり、他校と争うように創造的な難問が見受けられます。

  • 中学受験における算数の範囲や問題レパートリーは気が遠くなるくらい多く、とても普通の能力では消化しきれない。
  • 数分ではとても解答できないほどの難解な問題も少なくなく、非常に苦手意識を持ちやすい。
  • また塾の優秀者が本番で落ちるケースで、一番多いのは算数の不振。

それくらい塾の問題と本番にギャップを感じるのが算数。

Valid XHTML 1.0 Transitional

Pocket