埼玉県生まれ
 海城高校、滋賀大学経済学部卒業
 学生時代から家庭教師を始める。
 大学受験・高校受験・中学受験と指導を変遷し、中学受験は今日まで20年以上指導している。
 中学受験指導をしているうちに従来的な指導法に疑問を持ち、受験生(小学生)の下位層が実際には放置されている現実を前に「大手塾の下位層を大逆転させるにはどうしたらよいか」をテーマに、指導法を研究している。
 特に国語算数については実際に数ヶ月で偏差値が10・20と上がっていくプロセスを高確率で数多く経験し、その研究を通じて、現状の知識教育よりも「技術教育の重要性」、単純に学力をつければよいという考えではなく「点を失っているあらゆる原因を改善してトータルで大逆転する」という方針のもと指導をしている。

 現在では、指導の傍ら「中学受験 セルフィン」にて自分の分身として受験生に必要性が感じられる様々な映像教材を開発・販売している。